奥様は、取り扱い注意の原作はあるの?キャストは?6話は?

ドラマ・気になる情報

2017年秋ドラマで綾瀬はるか主演のドラマは、また、奥様は、取り扱い注意、原作はあるのでしょうか?

奥様は、取り扱い注意 キャストは主の3家族の他には誰が出たのでしょうか?

そして、前回6話の内容は?

お伝えします。

  

1章奥様は、取り扱い注意 原作

奥様は、取り扱い注意の 原作はありません。

漫画が原作のドラマが多い中で、『SP 警視庁警備部警護課第四係』などで脚本を書いた金城一紀さんの(原案)で、脚本を書いています。

『SP 警視庁警備部警護課第四係』はV6の岡田准一が主演で内容も面白く、続編もあり、映画版もあり、好評でした。

2章奥様は、取り扱い注意 キャスト

主人公と2人の友人を綾瀬はるか、広末涼子、本田翼。

本田翼の夫が中尾明慶、義理母が銀粉蝶。

広末涼子の夫役を石黒賢。

綾瀬はるかの夫役が西島秀俊。

奥様は、取り扱い注意 6話のゲストキャストは、町内の主婦3人。

吉岡冴月(酒井美紀)

藤村靖子(芦名星)

加藤千尋(原田佳奈)

3章奥様は、取り扱い注意 6話

 菜美(綾瀬はるか)が京子(本田翼)、優里(広末涼子)と通うフラワーアレンジメント教室には、同じ町内の冴月、靖子、千尋がいた。

菜美は町内会報の編集をする冴月から取材依頼を受け、翌日の夜、自宅に来てほしいと指定される。

ところが、約束の時間、玄関前には靖子と千尋がいて、冴月は留守。

そこに、冴月から渋滞で遅れるから家の中で待っていてほしいとの電話が入る。

直後、3人は室内で殺されている冴月の夫を発見する。

ねたばれ

菜美は冴月の家に忍び込むなどして、調査し、冴月の夫を殺したのは、靖子と千尋だと知る。

数年前に、靖子と千尋は冴月の夫にレイプされ、それを知った冴月が夫の殺害を靖子と千尋とともに企てた。

実行したのは2人で冴月はアリバイ工作。

菜美に、殺害したのは靖子と千尋だとわかったけれど、自分は公表しないから、自分たちで警察に行くか街を出てという。

3人は出ていく。

それにしても、事件ばかり起きる街ですよね~

まとめ

7話では、菜美(綾瀬はるか)は近所の主婦・友恵(霧島れいか)から、探偵をしていると誤解され、人捜しを頼まれるというが、、、

タイトルとURLをコピーしました