サカタのタネ 花絵の具 たねだんごとはなんなの?

園芸

サカタのタネの花絵の具という花の種があるのを知ってますか?

家にいる時間を楽しむには、花を育てて、成長を楽しむのもよいですよ。

テレビでよく売れている園芸のタネで、種団子ミックスというのがありましたがどんなものなのでしょか?

サカタのタネ 花絵の具

サカタのタネ 花絵の具は、園芸の種の会社で有名なサカタのタネが出している商品です。

色々な花の種が混ざっているもので、色によっての耐寒性1年草を中心にした植物が混ざって入っています。

性質・開花時期が違うものが混ざっているので、長い間さまざまな花を楽しめます。

お手軽にしたい場合、プランターでも楽しめますので、ベランダにも大丈夫です。

サカタのタネ 花絵の具 種類

色によって種類があり、お好きな色の花を楽しめます。

花絵の具 イエローフラワーガーデン

黄色い花で種類のいろいろなものがあります。

花絵の具 ピンクフラワーガーデン

ピンクの花が咲く草花の混合

花絵の具 ブルーフラワーガーデン

青い花が咲く草花の混合

花絵の具 ホワイトフラワーガーデン

白い花が咲く草花の混合

花絵の具 ミックスフラワーガーデン

色々な色の花が咲く混合種

ミックスフラワーガーデン

色々な色の花を楽しめるので、おすすめです。

サカタのタネ 花絵の具 必要なもの

・プランター  深めのものが根が十分はることができるのでよいですね。

・花用の土

・肥料 早春に植えたとき、秋

花絵の具シリーズの種は、日当たりと水はけ、風とおしのよい場所を好むので、日当たりの良い場所に植えたいです。

たねだんごミックスとは

植物を種から育てようとするとうまくいかない人のために考えられたものです。

サカタのタネ さんのHPより参考にコピーさせてもらいました。

●ダンゴの土作り
けと土7:赤玉土3の割合で混ぜます。
赤玉土のかたまりをつぶしながら100倍に希釈した二価鉄イオン水を使い、
粘土細工ができるくらいの硬さまでよくこねます。
一度、野球ボール大(100〜200ml)に丸めた後、キンカンくらいの大きさに取り分けて丸めていきます。
(10〜20個)

●タネだんごの作り方
できたダンゴに穴を開け、中心に緩効性肥料をひとつまみ入れて丸めます。
丸めたダンゴの上下2カ所に、大小のタネをバランスよく付けます。
その後、さらにダンゴを丸めてタネをダンゴになじませ、最後にケイ酸塩白土の粉を表面にまぶします。

たねだんごを作り、そのまわりに、花絵の具のたねをまわりにつけて、土に埋めていきます。

株間は約40cm間隔で、「たねダンゴ」に軽く土がかぶる程度に植え付けます。

植えるときの注意

・種まきするときに顆粒状の殺虫剤を適量入れておくと、初期のころの害虫を防ぐことができます。

・タネまきの前に異なったタネを2~3粒より分けてタネまきをすると、花の種類が分けられていて楽しいです。

さいごに

花って難しいと思わず、楽しみましょう。

土、適度な水やりと適度な肥料が大事です。

テレビで、サカタのタネさんの説明があり、たねだんごというのを使った種付けをしていました。

たねだんごについてサカタのタネさんのHPで調べてのせましたが、だめだったら消します。

タイトルとURLをコピーしました