土鍋のサイズの選び方 一人暮らしの場合のおすすめはコレ

土鍋のサイズの選び方で悩みますよね。

一人暮らしの場合はどのくらいがよいのでしょうか?

お勤めして一人暮らしで、外食ばかりしていられないんです。

冬は土鍋で簡単で暖かい夕ご飯にしたいです。

土鍋を買って、一人鍋をするのによいサイズをお伝えし、土鍋でおすすめのものを紹介します。

  

土鍋のサイズ 選び方

土鍋のサイズの選び方は直径できまります。

5号 15cm前後 1人用 0.45L(450cc)くらい

6号 18cm前後 1〜2人用 0.9L(900cc)くらい

7号 21cm前後 2〜3人用 1.5L(1,500cc)くらい

8号 24cm前後 3〜4人用 2.2L(2,200cc)くらい

9号 27cm前後 4〜5人用 3.2L(3,200cc)くらい

10号 28〜30cm前後 5〜6人用 4L(4,000cc)くらい

11号 31〜33cm前後 6〜7人用 6L(6,000cc)くらい

 土鍋のサイズは基本的には号=寸。

○号x3cmでだいたいの直径(口径)が出ます。

土鍋のサイズ 一人暮らし

1人用ですと5号 直径15cm1~2人分で、1~2人用が6号 18cmになります。

5号だと小さいという口コミがあるので、6号がおすすめです。

家族がいても1つ1人用の土鍋があると、風邪ひいたときのおかゆを作ったり、仕事で遅くなった時にひとりなべ作ってもいいですね。

手間がかかるから土鍋でない鍋がいいという人はコチラに

 お手軽金属鍋

土鍋 京三島

土鍋 京三島 特徴

 

開けるとこんな感じです

口コミ

デザインが可愛い

デザインが可愛いので買いました。
夕食に鍋焼きうどんで簡単だけど、いい感じです。

小さすぎた

一人なべしようと買ったけれど、、小さすぎて、すぐ吹きこぼれてしまいます。

夕食用でなく、体調の悪い時のおかゆ用だったらよかったのかも。

韓国グルメを一人鍋で

簡単調理なべ ベストポット

この鍋は、蓄熱調理ができる鍋なんです。

蓄熱調理とは、鍋に食材を入れ、水を入れて沸騰して、ふたをして10分(食材、料理によって時間は違いますが、)熱がなべにたくわえられて、調理してくれるというものです。

土鍋の本体は焼き物でできていて、熱伝導率が低く、蓄熱性能が高い素材です。

忙しい人ほど、つかうといいです。仕事をしていて、家に帰ってごはんの支度したくない人。

御飯はパックご飯を用意し、帰ったらチンして温めて食べる。

おかずは肉じゃが。

調理の手順

野菜を切る。肉は食べやすい大きさに切り、ベストポットで炒める。

肉の入ったベストポットに、食材を切ってに入れて、水入れて火をかけて沸騰したら火を止める。

帰ってから鍋の水分調整し、味付けして食べる。

調理は仕事をしている間に鍋がやってくれています。

大きさ

直径16センチなので、5号サイズより少し大きめです。

1人分から、2人分の大きさとなります。

さいごに

5号より大きめがおすすめ
一人鍋用の鍋はできたら5号よりも大きめがおすすめです。
5号だと少し小さめです。

小さい鍋はIH用より直火で

小さい鍋は探しましたが、IHは少ないです。
一人鍋する場合、カセットコンロを使う場合、テーブルで食べながら、材料を足したりできるので、カセットコンロも一緒に購入するのをお勧めします。

カセットコンロは安心のイワタニ

安いカセットコンロはありますが、壊れやすかったり強火にできなかったりします。

カセットコンロは強火にできるコチラがおすすめ

土鍋 ほかにないか見てみたい人はココ

タイトルとURLをコピーしました